江戸の男伊達 女伊達

江戸時代にその名をとどろかせた伊達男、伊達女を紹介します。
当時は通り者(とうりもの)と言いました。今でいう、博徒、やくざ、町の用心棒の事。
現在有名な親分、清水の次郎長の様な人が江戸にも当然居た訳です。
解りやすくするため失礼ながら、上、中、下で通りものランクを分けます。
又さきに言葉の説明をしておきます「鉄火、又は鉄火肌」は威勢がいい、勢いがある
人、喧嘩っぱやい、頼れると言った意味です「鉄火場」は博奕場のこと。

(上の通り者)
品が良く、世間には素性をかくしている。付き合う人も大名や大店の主や息子。
白無垢鉄火と呼ばれる。
親分は高級絹物である黒羽二重を着て袴までつけている。これは武士の正装と同じ。
本材木町の七郎兵衛親分
御免駕籠や馬に乗って市中を移動供も数人つれて、まるで旗本のようですね。
茶の湯をたしなみ、毎晩吉原の花魁と派手に遊び、非常に贅沢に暮らしています。
裏の顔は大名、大店の主、息子を遊びの世界に引き込み、博奕で大金をせしめます。
博奕は胴元が一番儲かる事になってゐる訳です、長く付き合う事を考えると
本人は鉄火場には顔を出さなかったと思います。しかし大名や大店で何か困りごと
があると、親分が収めてくれるので頼りになる友人だと思っていたでしょう。

(中の通り者)
品は良くない、時代劇に出てくるやくざ、素性はかくさない。子分も素性を隠さない
ので大きな組織である事がわかる。きっぷが良く、庶民の味方、賭場も複数持ち岡場所も仕切っていた。
当時、歌舞伎で伊達男としてモデルにもなった大親分
金看板の甚五郎 (亀屋 甚五郎)親分
おぞう 吉五郎 親分
彼らは多くの賭場を持ち、そこからの上がりと、品川、深川、れいがん島、永川などの
岡場所からの上まえをはねていたが、町や女と客のもめごと一切を仕切っていた。

(下の通り者)
「店頭」(たながしら)と呼ばれる盛り場の用心棒
本所入江町に道源 およしと言う女伊達の親分がいた。
入江町は三田、堂前などと同じ「切店」と呼ばれる私娼の多くいる町だが大いに
賑わい1300人を超える遊女のいる繁華街でした。遊女たちも売れっ子は吉原の花魁に
負けない豪華な衣装、部屋を持っていた。しかし幕府に認められている遊里ではないので
公事出入り(ガサ入れ)も度々あり、それを吉五郎は上手くまとめ、町のトラブルも防いだ。その見返りに遊女一人あたり「首代」として一日四文ずつ取り大店や飲食店からも取っていたので毎晩一両以上の所得があった。何故かは解らないがこの吉五郎が鈴ヶ森で
獄門、首をさらすことになる。首代を取っていただけに!?この時女房のおよしは34歳
夜中一人で鈴ヶ森に行き見張りの乞食に金をやり亭主の首を盗み出し、風呂敷に包んで持ち帰り立派な葬式をだした。この肝っ玉が評版になり、元より鉄火肌で人望のある女伊達
だった為吉五郎のあとを継ぎ女の身で「店頭」になった、女の通り者です。

江戸は女が強い所でした、女性の人口が少ないのもありますが、たいがいが自立しています。男は既婚者が少なく結婚できるのはかなりラッキイなことでした。なので恐妻家も多く家事をしない女房は珍しくない様子でした。文政から天保にかけてえど女の流行は、髪に油をつけない、結婚しても歯にかねをつけない(お歯黒のこと)顔に白粉をぬらず
男らしくみせる為にさっぱりとするのが流行りでした、男の着物帯など着たり啖呵をきり
おちゃっぴいと言われる元気いっぱいの鉄火肌が多くいました。江戸の女には総じて強い
「通り者」ではないが番外編

湯島のおよし  鳶の頭の後家だがその後も配下の男達を引き廻し大威張りの大姉御です。
ある時湯島天神の境内の芝居小屋「宮地芝居」名高い芝居小屋ですが、芝居の最中に
気違いの様な者が現れ抜刀し暴れたが誰も取り押さえる事ができずにいた。
その時およしが着ていた着物を全て脱ぎ捨て真っ裸になり刀を振り回している男のそばへ寄り優しく「何をなさいます」と声をかけると男はあまりの事に一瞬ぼんやりとおよしをみた、その隙におよしは男に手首をひねり刀を奪い取り押さえた。岡っ引きに引き渡し
けが人も出ず何事もなしにかたずゐた。こういう事で江戸では大評判できっと瓦版も賑わせたことでしょう。およしは喧嘩があると例え侠客同士の喧嘩でも真っ裸でとびこんでいく。何も持っていないこと、どちらの肩を持つものでもないという事を表し何より
皆びっくりして固まったことでしょう。それでポンポンマシンガントークで丸く収めてしまうのですから驚きです。色白のきれいな顔立ち、しかもお尻に大きな真っ赤な蟹の入れ墨そのはさみの片方は女の秘所のそばに伸びているという、とんでもなさ!
大した肝っ玉です。

番外編 女伊達
本所のおかく
博奕打ちで、湯島のおよしと同じ蟹の入れ墨をお尻から秘所にかけて彫っている。
毎朝銭湯に行きかえりは素っ裸に緋色ちりめんのふんどし一つで歩き立ち小便までしたそうです。あるとき、質屋へ行き着ていた着物を全部脱ぎ質草にした。裸になった時大事なものが見えたと店の物が笑ったのを、おかくはすかさず、秘所のない女がどこにある。世界中の女にあるのに、己だけないなら笑われても仕方ないがあるものがあるのに何がおかしい!と言いがかりを云い大あぐらで質屋に居座り、とうとう質屋はお金を渡し質草の着物まで返しお引き取り願ったという。博奕を打って強請りをする。また喧嘩の仲裁もする。
という鉄火肌です。驚くやら、あきれるやら!

Follow me!