第31回「落語と利き酒の会」

ご来場頂きましたお客様ありがとうございました!

小駒さんのネタおろし「天狗裁き」若々しくて、良かったですね。
すっかり二つ目らしくなり、羽織すがたもしっくりと馴染みました。

馬治師匠は「幾代餅」一途で正直な男と一本気で美しく聡明な幾代太夫。
二人の心が伝わってきます。日本晴れなすっきりした心持にさせてくれる噺でした。馬治師匠はそれぞれのセリフを語るとその人物の背景までしっかり伝える事に長けていると思います。春らしい落語ありがとうございました。

2部の利き酒。今回も、きき酒マイスターの高橋 雫先生厳選のこれまた春らしいお酒4種類の登場!
皆さん(私も)驚かれた桃色のお酒!桃色の麹を使い作られたにごり酒です。特に女性に人気で3回おかわりをする人続出でした。因みに私は4種類の中で一番の辛口が、ようございました。

次回は6月28日(金)大阪から 桂 花團治師匠をお呼びします。
どんな噺をかけるのか楽しみです。

お酒はどんなテーマで紹介してくださるのか。こうご期待!!

Follow me!